2016年11月14日

世界最大のグラフィティアート

2016年のリオオリンピック開催に伴って再開発が進められてきたセントロの湾岸地区。
Praça Mauá(マウア広場)から新しく敷設されたトラムの線路沿いを西へ少し。綺麗に整備された旧倉庫が並ぶその一角にEduardo Kobra(エドゥアルド・コブラ)氏による巨大なグラフィティアートはある。

IMG_1101.JPG

IMG_1108.JPG

IMG_1114.JPG

IMG_1130.JPG


コブラ氏はブラジル・サンパウロ出身の壁画アーチストで、日本でもリオオリンピック時に東京・池袋のデパート屋上に大きなキリスト像のグラフィティアートを描いた人として知っている人も多いはずだ。
image.jpg


さてこのリオの大きなグラフィティアート、やはりオリンピックに向けて作られた作品らしくタイトルは”Todos somos um”、訳すと”我々は一つだ”と言ったところか。
大きさは高さ15メートル、横170メートルでギネスブックに世界一大きな壁画アートとして登録されている。
作品はオリンピックの五輪(五つの輪)からインスピレーションを得ており、平和と民族の融合を表現し、五人の先住民族の顔と五大陸(地域)が描かれている。
また製作にはバケツ180杯のペンキと2800本のスプレー塗料が使われたという。

IMG_1104.JPG

IMG_1136.JPG

IMG_1148.JPG

先住民族の顔は左から
ムルシ族(エチオピア)
IMG_1134.JPG

首長族として有名なカヤン族(タイ)
IMG_1149.JPG

インディアン(アメリカ大陸)
IMG_1129.JPG

エスキモー(ヨーロッパ)
IMG_1128.JPG

フリ族(ニューギニア) 
IMG_1124.JPG


ちなみに
これがユーラシア大陸(アジア地域)だが、、、
IMG_1155.JPG

日本は、、、、
IMG_1158.JPG

描かれていない。(大陸のみなのでしょうがないか、、、。笑)

次々と新しい観光施設が誕生し、今注目のセントロ湾岸地区。
その中でもまず見ておきたいのがこの世界最大のグラフィティアート。
近くリオの代表観光スポットとなるのは間違いなしだ!!





・場所
Av. Rodrigues Alves, 241 - Gambôa, Rio de Janeiro - RJ






posted by Shingo at 08:40| Comment(0) | 観光スポット | 更新情報をチェックする