2016年10月04日

明日の博物館(Museu do Amanhã)

明日の博物館(Museu do Amanhã、ムゼウ・ド・アマニャン)は2015年12月にセントロ湾岸地区(※下に説明あり)のマウアー広場に出来た新しい科学博物館です。
IMG_0239.JPG


まず目に留まるのはそのユニークな外観ですが、これはスペイン人建築家サンチアゴ・カラトラヴァによるもので、ブラジルにあるパイナップル科の植物からそのインスピレーションを得たそうです。
DSC02618.JPG

DSC02624.JPG


さてこの博物館ですがその名前が示す通りに”未来”がテーマとなっているのですが普通の科学博物館とは少し異なっているようです。
近年の科学技術の目覚しい発展などにより我々が住むこの地球環境は激動の変化の時代を迎えているわけですが、ではさらに50年後の未来はどうのようになっていくのか、それを考えて行こうというのがこの博物館のコンセプトのようです。
IMG_0203.JPG

IMG_0205.JPG


館内の展示スペースは大きく5つのエリアに分かれています。

それぞれ

1、宇宙(Cosmos)
IMG_0211.JPG

ここではプラネタリウム型のビジョンを使って宇宙の誕生から、我々人類が現れるまでを映像で見せてくれます。


2、地球(Terra)
IMG_0219.JPG

IMG_0209.JPG

IMG_0216.JPG



3、人間(Antropoceno)
IMG_0220.JPG

ここでは日本を含め世界中の人々の生活、文化から動植物まで様々な写真が展示してあります。


4、明日(Amanhães)
IMG_0223.JPG

IMG_0232.JPG



5、私達(Nós)
IMG_0233.JPG

IMG_0235.JPG



各エリアは映像や写真などの展示物がたくさんあり、言葉が分からなくても十分に楽しめると思います。

ではみなさん『私たちはどこから来て、何者で、どこにいて、どこへ向かい、どう行きたいのか』この博物館へ来て一緒に考えてみませんか。


※湾岸地区について
Praça Mauá(マウアー広場)を中心とした湾岸地区はオリンピックに向けたリオ市による整備計画によって近年多くの観光客も訪れるリオの観光スポットの一つとなりました。その中心となるのがこの明日の博物館(Museu do Amanhã)とその隣にあるリオ美術館(MAR)です。
その他にも旧倉庫を改装したイベント会場や水族館(2016年11月オープン)などもあり今や目が離せない人気のエリアとなっています。


開館時間
火曜〜日曜日 10時〜17時
月曜日    休館

入館料
R$20(火曜日は無料)
R$32(隣にあるリオ美術館(MAR)の入館料込み)

住所
Praça Mauá, 1 - Centro, Rio de Janeiro

HP
https://museudoamanha.org.br/




posted by Shingo at 13:54| Comment(0) | 観光スポット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください