2016年11月14日

世界最大のグラフィティアート

2016年のリオオリンピック開催に伴って再開発が進められてきたセントロの湾岸地区。
Praça Mauá(マウア広場)から新しく敷設されたトラムの線路沿いを西へ少し。綺麗に整備された旧倉庫が並ぶその一角にEduardo Kobra(エドゥアルド・コブラ)氏による巨大なグラフィティアートはある。

IMG_1101.JPG

IMG_1108.JPG

IMG_1114.JPG

IMG_1130.JPG


コブラ氏はブラジル・サンパウロ出身の壁画アーチストで、日本でもリオオリンピック時に東京・池袋のデパート屋上に大きなキリスト像のグラフィティアートを描いた人として知っている人も多いはずだ。
image.jpg


さてこのリオの大きなグラフィティアート、やはりオリンピックに向けて作られた作品らしくタイトルは”Todos somos um”、訳すと”我々は一つだ”と言ったところか。
大きさは高さ15メートル、横170メートルでギネスブックに世界一大きな壁画アートとして登録されている。
作品はオリンピックの五輪(五つの輪)からインスピレーションを得ており、平和と民族の融合を表現し、五人の先住民族の顔と五大陸(地域)が描かれている。
また製作にはバケツ180杯のペンキと2800本のスプレー塗料が使われたという。

IMG_1104.JPG

IMG_1136.JPG

IMG_1148.JPG

先住民族の顔は左から
ムルシ族(エチオピア)
IMG_1134.JPG

首長族として有名なカヤン族(タイ)
IMG_1149.JPG

インディアン(アメリカ大陸)
IMG_1129.JPG

エスキモー(ヨーロッパ)
IMG_1128.JPG

フリ族(ニューギニア) 
IMG_1124.JPG


ちなみに
これがユーラシア大陸(アジア地域)だが、、、
IMG_1155.JPG

日本は、、、、
IMG_1158.JPG

描かれていない。(大陸のみなのでしょうがないか、、、。笑)

次々と新しい観光施設が誕生し、今注目のセントロ湾岸地区。
その中でもまず見ておきたいのがこの世界最大のグラフィティアート。
近くリオの代表観光スポットとなるのは間違いなしだ!!





・場所
Av. Rodrigues Alves, 241 - Gambôa, Rio de Janeiro - RJ






posted by Shingo at 08:40| Comment(0) | 観光スポット | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

明日の博物館(Museu do Amanhã)

明日の博物館(Museu do Amanhã、ムゼウ・ド・アマニャン)は2015年12月にセントロ湾岸地区(※下に説明あり)のマウアー広場に出来た新しい科学博物館です。
IMG_0239.JPG


まず目に留まるのはそのユニークな外観ですが、これはスペイン人建築家サンチアゴ・カラトラヴァによるもので、ブラジルにあるパイナップル科の植物からそのインスピレーションを得たそうです。
DSC02618.JPG

DSC02624.JPG


さてこの博物館ですがその名前が示す通りに”未来”がテーマとなっているのですが普通の科学博物館とは少し異なっているようです。
近年の科学技術の目覚しい発展などにより我々が住むこの地球環境は激動の変化の時代を迎えているわけですが、ではさらに50年後の未来はどうのようになっていくのか、それを考えて行こうというのがこの博物館のコンセプトのようです。
IMG_0203.JPG

IMG_0205.JPG


館内の展示スペースは大きく5つのエリアに分かれています。

それぞれ

1、宇宙(Cosmos)
IMG_0211.JPG

ここではプラネタリウム型のビジョンを使って宇宙の誕生から、我々人類が現れるまでを映像で見せてくれます。


2、地球(Terra)
IMG_0219.JPG

IMG_0209.JPG

IMG_0216.JPG



3、人間(Antropoceno)
IMG_0220.JPG

ここでは日本を含め世界中の人々の生活、文化から動植物まで様々な写真が展示してあります。


4、明日(Amanhães)
IMG_0223.JPG

IMG_0232.JPG



5、私達(Nós)
IMG_0233.JPG

IMG_0235.JPG



各エリアは映像や写真などの展示物がたくさんあり、言葉が分からなくても十分に楽しめると思います。

ではみなさん『私たちはどこから来て、何者で、どこにいて、どこへ向かい、どう行きたいのか』この博物館へ来て一緒に考えてみませんか。


※湾岸地区について
Praça Mauá(マウアー広場)を中心とした湾岸地区はオリンピックに向けたリオ市による整備計画によって近年多くの観光客も訪れるリオの観光スポットの一つとなりました。その中心となるのがこの明日の博物館(Museu do Amanhã)とその隣にあるリオ美術館(MAR)です。
その他にも旧倉庫を改装したイベント会場や水族館(2016年11月オープン)などもあり今や目が離せない人気のエリアとなっています。


開館時間
火曜〜日曜日 10時〜17時
月曜日    休館

入館料
R$20(火曜日は無料)
R$32(隣にあるリオ美術館(MAR)の入館料込み)

住所
Praça Mauá, 1 - Centro, Rio de Janeiro

HP
https://museudoamanha.org.br/




2016年07月15日

リオ日本語1日ガイドツアー

リオデジャネイロを日本語で1日ガイド致します。
DSC01742.JPG


リオの日本人宿のオーナーとして数々の旅人の案内をしてきた私が、リオの街を1日専属ガイドとして皆さんをご案内いたします。

観光スポットが盛り沢山のリオデジャネイロ。でも限られた時間の中で個人で全て周るのもなかなか大変、また治安への不安もあるかもしれません。
ただツアー会社などで雇う日本語専属ガイドは高すぎますよね。
例えばこういう方いらっしゃいませんか?
専用車などいらない、観光スポットのうんちくも特に必要ない、そこまで連れて行ってもらえれば十分だ、だからもう少し安くして欲しい!!!!!
そのような方達の為に、私が専属1日ガイドを致します。
移動は基本タクシーなどの公共交通機関、プランは自由ですのでお好きな所へお連れ致します。
有名観光地はもちろん、ご希望でしたらファベーラツアーもOK。ディナーにシュハスコ、おやつにアサイー、ショピングも楽しみたい。せっかくだから地下鉄や市バスにも乗ってみたい、などなど何でもご要望にお応え致します。
ありきたりのガイドツアーじゃつまらない、現地で生活している日本人の生の声を聞いてみたいなどという方にもぴったりだと思います。

・モデルプラン
①コルコバードの丘
P1150395.JPG

P1150396.JPG


②ファベーラツアーもしくはビーチを散歩
DSC02344.JPG

DSC02299.JPG

DSC02596.JPG

DSC02601.JPG


③ランチ(シュハスコも可)
DSC01768.JPG


④セントロ観光
DSC01699.JPG

DSC01678.JPG

IMG_0384.JPG


⑤ポンジアスーカル
DSC01969.jpg

DSC01988.jpg


⑥ディナーでシュハスコ
IMG_0314.JPG


⑦ナイトライフを堪能(追加料金が必要です。)
DSC01304.JPG


・ガイド料金
1名様  22000円
2名様  27000円
3名様  30000円

※上記料金は私が頂くガイド料のみ、コルコバードの丘やポンジアスーカルなどの各種入場料、交通費、食事代などは一切含まれておりません。

※基本はタクシー移動の為、人数の上限は3人です。

※コルコバードの丘とポンジアスーカルを希望される方は以下の料金を事前にお支払いいただきます。
 コルコバードの丘  3000円
 ポンジアスーカル  3500円
・私は麓で待っている形になりますが、もし私も一緒に同行希望の場合は私のチケット代もお支払い頂きます。


※ナイトツアーをご希望の場合は追加でお一人3500円いただきます。
ナイトツアーに関してはこちらをご参考にして下さい。

※代金は下記の口座まで日本円にてお振り込み頂きます。
三菱東京UFJ銀行  087 茨木西支店 普4529971 ノノムラシンゴ


・お問い合わせ
E-mail rionihongo@gmail.com
facebook 【リオ日本人宿"Zico】
Tel (21)979820920




posted by Shingo at 14:58| Comment(0) | ツアー | 更新情報をチェックする